イライラ、モヤモヤ、40代女性のマイナス感情をシンプルに手放す方法。

おはようございます。
シンプルライフ実践中のエイミーです。

今日は、イライラやモヤモヤ、
絶望感などのマイナス感情を
手放していくための
シンプルな思考について考えてみます。

**********************************
事実を事実として受け止める
**********************************

モヤモヤするようなことが起こったとします。

そのことは単なる「出来事」であって
“モヤモヤする”ような出来事だと決めたのは
自分自身であることを知ります。

事実を事実として受け止める。
出来事は出来事として受け止める。
ただ、シンプルに。

自分で勝手に意味づけしないことです。

もし、「モヤモヤする」と思ったなら、
自分が尊敬する人を想像してみてください。
その人に同じことが起こった場合、
その人も自分と同じように
「モヤモヤする」のか、考えてみます。
あるいは、同じ出来事に対して、
すべての人がすべて同じように
「モヤモヤする」のか、考えてみます。

すると、「モヤモヤする」ことに決めたのは
自分だということに気づきます。

では、どうするか?

「モヤモヤする」出来事だと決めなければいいのです。

****************************
感情に蓋をしない
****************************

そうは言っても、

モヤモヤする。
悔しい。
悲しい。
イライラする。

そんな場合は、”出来事”は横に置いておき、
一旦
「私は今、モヤモヤしている。」
という感情を受け止めます。
そして、その状態の自分にOKを出します。

その「モヤモヤ」を吐きだせる
相手がいる人はその相手に、
そんな人はいないという人は
ノートに書きなぐればいい、
あたかも誰かに話すように独り言を言ったり、
思う存分、その感情を吐き出します。

あふれる感情に、無理に蓋をしないでください。
一旦受け止めて放出させてあげてください。

***********************************
まずは「中庸」を目指す。
 ~ 一気にポジティブにならない。
***********************************

感情を受け止めてあげると、
モヤモヤが落ち着いてくる
瞬間があります。
これが上向きのサイン。

そんな時に、一気に
ポジティブ思考に走ることはしません。
これはとても危険。
逆にネガティブに振れてしまいます。
だってまだ、ネガティブの真っ最中ですから。

この時点で、自分自身が戻る場所は
「ポジティブ」ではなく、
「中庸」=「ゼロポイント」だと
覚えておくのです。

ダイビングをした後に、
一気に登山してはいけないように。

まずは地上に上がること。

シンプルに、静かに、
「中庸」を目指すのです。

***********************************
「中庸」に戻るためのコツ
***********************************

ネガティブから
「中庸」(=ゼロポイント)を目指す時、
例えば主婦の方であれば
淡々と日々の暮らしを続けることです。

水回りを丁寧に掃除して
蛇口をキュキュッと拭き上げる。
しわをパンパンと叩いて
パリッと洗濯物を干す。
床を丁寧に磨く。

ただただ、いつもやっていることをやる。

心がネガティブに振れている時は
淡々と体を動かすのです。

掃除は一番のお薬だと思います。

その他にも、
自分を甘やかしたり
環境を変えるといいです。

思い切り寝る。
素敵なカフェで好きなものをいただく。
海を見に行く。
エステに行く。
ジムで思い切り汗を流す。
一人で温泉に行く。
とりあえず外に出る!!とかも。

今いる場所を物理的に変えたり、
「小さな幸せ」を自分にプレゼントすることで
「小さな自分」が元気を出し始めます。

****************************************
後はポジティブ路線を走ればいい。
****************************************

「中庸」に戻ったならば、
ポジティブを目指します。
自分に心地よいものを
どんどん取り入れて
ますます幸せになっていけばいいのです。

中庸に戻ってから、というところがポイントです。

***********************************
まとめ:マイナス感情の手放し方
***********************************

(1) マイナス感情のきっかけとなった
事実は事実として受け止め
感情で意味づけをしない。

(2) 感じている感情は否定せず
受け止め、認めてOKを出し、
発散させてあげる。

(3) 目指すは「中庸」=ゼロポイント。
心がつらい時は体を動かす。
物理的に場所を変える。

自分が少しでもいい気分になれることをする。

(4) 「中庸」に戻ったならば、
さらに「いい気分」を選択していく。

人生はバイオリズム。
ポジティブで順風満帆の時もあれば、
ネガティブのどん底の時もあります。

どん底経験は、
何度も繰り返すと思いますが、
繰り返すたびに、
「どん底」が少しずつ底上げされ、
「中庸」に戻るスピードが速くなります。

マイナス感情が生まれたら
手順を知って、
シンプルに手放していきましょう。

エイミー

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村