子どもに片付けさせたい時。

シンプルライフ実践中のエイミーです。

子ども達にも片づけをさせたい。

子ども達が親に叱られて片付けるのではなく、
自ら進んで片付けることができるようにしたい。

ママ歴10年になる私ですが、
この間、試行錯誤しながら
あれこれ工夫してきました。

ここにきて、ようやく糸口がつかめてきました。

あれこれやってみた割には・・・
答えはとてもシンプルでした。

「出したものはしまう」

これに尽きるのです。

当たり前のことですね。

しかし、このことは本当に大事です。

「出したものをしまう」ために、
一番大事なこと。

それは・・・

**************************
モノの定位置を決めておく
**************************

出したものをしまいたくても、
しまうべき場所がわからなければ
いつまでもしまうことができません。

特に子ども達には
「お椅子はココね。」
「鉛筆はココね。」
と、一つずつ丁寧に
教えてあげることが大事です。

大人は
「鉛筆もハサミも文具だから
ここに一緒にしまう」
と、脳内で勝手に忖度(笑)して
片付けることができますが、
子どもには一つずつ教えてあげます。

案外、よく覚えていますよ。

**************************
合言葉を決める
**************************

「丸いテーブルに
 なーんにもないのが正解!」

この合言葉によって、
我が家のリビングの丸テーブルは
この状態をキープしています↓

(お花は飾っていますけどね、笑!)

丸いテーブルに何もないと
ママはとても幸せそうに
「あ~きもちイイね!」
と、満面の笑顔で言うのです。

子どもたちは

「この状態だとママがハッピーなんだ」

ということを認識します。

それだけのことなのですが、
リビングの丸テーブルだけは
いつもスッキリ。

子どもも親も
シンプルでハッピーに。

今日もご訪問くださり
ありがとうございました。

エイミー

ランキングに参加しています。
シンプルを多くの方に届けたい!
応援、よろしくお願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする