三十日詣

毎月の終わりに、
神社様にお参りに行きます。

個人的にご縁を感じたり
境内にいるだけで安心感に包まれる
いわゆる「マイ神社」に参拝します。

本当は朔日参り(ついたちまいり)が
一般的なのですよね。
しかし私は、人が多い場所では
どうもアンテナが立ちにくいので
比較的参拝者の方が少ない
月の終わりにお参りします。



月詣りで何をするかと申しますと、
今月の出来事を反芻し、
無事に過ごせた感謝をお伝えします。
そして、翌月のご挨拶も。

ここで私は、
ちょっぴりアンテナを立てて
翌月のテーマとなるお言葉を
いただきます。

それを胸に、次の月を
過ごしていくようにしています。

そして、今回は、
もう一つ、
ご挨拶に加えてみようと
思ったことがあるので
皆様にご紹介したいと思います。

こちらの本に書いてございました。
滋賀県は近江八幡市にある
賀茂神社の宮司さんが書かれた本です。

神様に翌月のご挨拶を差し上げる際、

この月も、神様の手足として
私をお使いください。

この一言を添えたいと思います。

気持ちがシャンとして
自分の中で節目となる
お月詣り。

今月もみなさまありがとうございました。
来月もどうぞよろしくお願い申し上げます。

エイミー


クリック応援いただけると嬉しいです。

*************************

エイミーの
フェアリー透視リーディング
お申し込みはこちらまで。

チャネリングと透視を通じて
フェアリーからのメッセージをお届けします。
鑑定につきましては、
下の申込フォームよりお申込みください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする