レイキでのお手当のコツ

長い間立ち仕事をしていると
腰やひざが痛くなったり、
長い間デスクワークをしていると
目や頭が痛くなったりすることは
ありませんか?

そんな時は、レイキを流せば
違和感が解消し、
短時間ですっきりしてきます。

今日は、私がレイキを扱う時の
コツとポイントをお話してみます。

まず、声の出せる場所であれば、
「レイキ」と呼んでみます。
すると、キラキラキラ・・・と、
手のひらにレイキが集まってきます。

流れる銀色の帯のような時もあれば、
森林のミストのような時もあり、
紫色の絹のような時もあり、
カーッと燃えるような熱さがくるときもあります。

この感触についてはあまり気にしていません。
その部分のお手当に必要な
レイキが集まってきているのです。

レイキが集まるのを感じたら
そっと、痛みを感じる部分や
違和感のある部分に手を当てます。





ここで、大切なポイントがあります。

手を当てたあとは、
特に何も考えないのです。

痛みや違和感が強い時ほど

「なおれ~なおれ~~」

「いいエネルギーよ、入っていけ~」

なんて念じてしまいがちですが、
そんなことをしていては
疲れてしまいますし、
自分の体の他の部分のエネルギーを
痛いところに送ってしまい、
送り終わった後に、
他の部分に不調が出たりします。

とにかく、一度レイキを呼んだら
あとはお任せ。

レイキが必要なものを届けてくれるし、
私の体が必要なものを
勝手にレイキから受け取るのです。

体の力をぬいて。

リラックスして。

きもちよくなって。

ふわっと。

レイキを送る時は
いつもそんなイメージです。

重いものは、
いらないですよね。

いつも軽やかに。

心も、体も。

レイキの魔法を
絶対的に信頼して
ゆだねてしまえばいいのです。

エイミー

クリック応援いただけると嬉しいです。

*************************
まさよ式透視タロット鑑定、
受け付けております。

現在、鑑定まで約1週間程度
お時間を頂戴しておりますことを
ご了承くださいませ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする