冬至からの過ごし方~開運ポイント

本日の朝、冬至点に達しました。

冬至とは、太陽の出る時間(日照時間)が
1年のうち、最も短いポイント(冬至点)を
通過する日のことです。

ジャンプする時のことを
スローモーションでイメージしてみると
わかりやすいかもしれません。

膝を曲げて勢いよく飛び上がる時、
冬至点は
膝を曲げきった所に当たります。

これは何を意味するかと言うと、
これからジャンプすること、
つまり、
これから新しい飛躍に向かう
ということです。

冬至点を通過した今夜と明日くらいで、
次の点を考えてみるといいかもしれません。


(1)この秋から、今までのことを振り返る。

どんなことに感動したかな。
どんなことをやったかな。
どんなものを手に入れたかな。

そんなことを振り返ってみるといいです。

できれば、幸せなこと、いい気分なことに
焦点を当てるといいですね。

「ない」「ない」「だめ」ではなく、
「ある」「ある」「イイ!」
エネルギーを向けるのがポイントです。




(2)来年、どうなりたいかを自分に問う。

冬至を過ぎた今、
ここから、太陽も生まれ変わります
私たちにも新しいステージが
始まろうとしています。

過去の経験や、
それによって刻み込まれた
価値観にはとらわれず

自分はどうなりたいか

自分はどうありたいか

しっかりと心の声に
耳を傾けてください。

イメージしたものを
どうぞ言語化してみてくださいね。
お気に入りのノートなどに
書き記してください。

ふわっとしたイメージだけでは
そのまま流れてしまうので
ここでしっかりと
現実化させるのです。


他にも、昔から言われていますが、
ゆず湯につかったり、
カボチャ料理をいただいたり、
「ん」のつく食材、
「うどん」や「だいこん」などを
いただくのも
元気に年越しできるそうですよ。

そして明日は満月です。

冬至の日に振り返ったことを
感謝して手放し、
来年、こうありたいというイメージを
ふわりとお月様にパスしていく感じで
お過ごしになるとよいと思います。

エイミー

クリック応援いただけると嬉しいです。

*************************
まさよ式透視タロット鑑定、
12月27日が年内の最終受付日です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする