頑張るべきこと、頑張らなくていいこと

「がんばらなくていいよ」

「がんばれ!」

真逆の意味ですね。

「がんばらなくていいよ」と言うべき時と
「がんばれ!」と言うべき時があります。

万人に「がんばらなくていいよ」と言って
万人が幸せになるわけではありません。

万人に「がんばれ!」と言って
万人が喜ぶわけではありません。

頑張る時と、頑張らなくていい時があるのです。





頑張らなくていい時とは?

頑張らなくていい時は、
もう精一杯頑張っている時です。

やりたくないことを頑張っている時です。

これ、違うのになと心でわかっているのに
会社のルールだから、世間の常識だからと、
違うフィルターを持ってきて
自分の心をだましながら
何かに取り組んでいる時です。

つまり、自分を偽っている時です。

そんな時は、

もう私は十分頑張っている。
もう頑張らなくていいよ。

と、私を抱きしめてあげてください。


頑張るべき時とは?

私たちは、「すべてある」状態
この世に生まれてきました。

すでにもう、すべてあるし、
すべて備わっているのです。

それなのに、
「私はダメなんだ」
「どうせ私は」
「だから私は・・・」
と、自分を卑下している時。
自分を否定してしまう時。

そんな時は、
全力で
「私って素晴らしい」
「私もけっこういいとこある」
という、
ご自身を大好きになることに
努力してください。

頑張って、
ご自身を大好きになってください。

小さなことでいいのです。

洗濯物を干すのが上手だね。
イラスト描くのがうまいね。
お料理はまぁまぁ上手だわ。
お花を可愛いって思える優しい心を持っている。
買い物でお金を支払う時に
「ありがとうございました」と言えるわ。

そういう小さなことを見つける努力。

そしてその後「だから私もなかなかいい」
と、自分を褒めて
自分を好きになる努力。

これは、「頑張るべき」ことです。


今、ちょっと頑張りすぎている人は
もう頑張るのを休まれたらどうでしょう。

今、自分にダメ出ししてばかりの人は
自分を好きになることを頑張りましょう。

必要としている方にとっての
クリスマスプレゼントとなりますように。

エイミー

クリック応援いただけると嬉しいです。

*************************
まさよ式透視タロット鑑定の
年内のお申込み受付は
12月27日までとさせていただきます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする