おみくじの意味

初詣で、おみくじを引かれた方も
多いのではないでしょうか。

今日は、エイミー流の
おみくじの引き方と、
解釈の仕方を
お話したいと思います。


神様・仏様に、まずはご挨拶を。

まず、神社やお寺の神様・
仏様に御挨拶します。

悩みがある場合はそのお話を
させていただいた後、

「神様(仏様)、今日はおみくじを
ひかせていただきたいと思います。
私に必要なメッセージがございましたら
おみくじでお知らせください。」

と、お願いしてからおみくじを引きます。


運勢の「吉凶」ではなく、言葉が大事

おみくじを引いたとき、
大吉・小吉などの運勢に
思わず気をとられてしまいますが、
おみくじの中に書いてある文言で
自分にピンとくるものがあれば、
それが神様(仏様)からのお言葉です。

例えば、おみくじの中の健康運に
「日常生活のリズムをくずさぬように」
という一文があり、
そこに目が止まったとします。

自分の心の中にある悩みが
「新しい仕事を受けるかどうか」
だった場合、
「日常生活のリズムをくずさぬように」
という文にピンときたのであれば、
それは健康運の文言だったとしても、
「今は生活のリズムをくずさぬことが大事。
新しい仕事を受けるにしても、
今の生活のリズムを保持するべき。
今の生活リズムを崩すようなら、
新しい仕事は見送ってよし。」
というメッセージだと受け取ることができます。

このように、おみくじは運勢の「吉凶」ではなく、
中に書いてある言葉を見るようにしています。




神様(仏様)からメッセージをいただきたいと
お願いして引かせていただいたものなので、
言葉の部分を大事にするようにしています。


ピンとくる言葉がなかった時は?

一方で、何もピンとくるメッセージがなかった場合は、
運勢の「吉」であるとか「凶」であることが、
今の自分のバイオリズムだよということだと
受け止めています。

「大吉」であれば、手放しで喜んでもいいけれど、
人間のバイオリズムはいつも一定ではありません。
今は絶好調だけれど、運気が落ちることもあるから
気を引き締めてというメッセージかもしれません。

逆に「凶」だった場合は、落ち込む必要もないと
思っています。
今はいろいろと苦難が続いているけれど、
これから運気は上向くよ!と言う風に
解釈できますよね。


最後に神様(仏様)にお礼を。
―― おみくじは持ち帰りますか?

そして、引き終わった後は、
もう一度神様(仏様)に
お礼を申し上げて、
おみくじは大事に家に持ち帰ります。

神社仏閣ノートに大事に貼っています。
後になって見返すと、
あぁ、このメッセージはこういうことだったなと
納得いくこともあるので、
大切にとっています。

、、、と言いたいところ、
過去に一度だけ、
これはご勘弁を~!という
メッセージが出たことがありました。

この時は、さすがにこのおみくじは
持って帰れないと思い、
神様に引き取っていただきました。
(普通に神社仏閣のご用意くださっている
ロープ等に結び付けて帰りました。)

そんなこともありますので、
臨機応変に対応されていいのではと思います。

エイミー

クリック応援いただけると嬉しいです。

*************************
まさよ式透視タロット鑑定は
1月4日より順番に受付させて
いただきます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする